読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人MyStyleのセッションにファシリテーターとして参加してきました

3月23日(日)に以前からFacebookメインで交流のあった竹内さんが携わられているNPO法人MyStyleのセッションにファシリテーターとして参加させていただきました。

 

「自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~@NPO法人MyStyle」

https://www.facebook.com/events/696469560411292/

 

MyStyleさんで活動されているファシリテーターさんからのご紹介でセッションデザインを行なう事になりましたが、実はMyStleさんのイベントには参加した事がなく、まず自分のファシリテートが雰囲気に違和感を与えないかが気になりましたが、その辺りは頼んでくれた方が私のファシリテートの場を知ってらっしゃったので「合う」とふんで依頼されたのだろうと思う事にして、いつもの感じで参加者を中心にしたデザインでいきました。今回は相談する時のポイントになるかもしれないと思い、私が相談を受けた時の作り方を書いてみようと思います。

 

*まず相談を受けたら確認することとお願いすること

 

集まりのファシリテーターをお願いしたいと相談された時の自分の進め方は、参加者の「?」と不安を減らすために、依頼元の集まりの成り立ちや構成、主旨、想いを確認します。

 

相談は集まり全体のデザインだったり、最後のふりかえりだけだったりとありますが、どちらの場合も可能であれば受付開始から進行役としても関わらせてほしいことをお願いしています。

割りと参加者同士の話し合いや、まとめ、個人の行動や自分事にして行動やつながりにつなげたいという相談が多くて、さらに最近は講師やゲストトーカーと参加者の即興性の高い「1対多」の場を作りたいというものも増えてきました。あ、懇親会や結婚式二次会司会とかも時々お受けしてます。(笑)

いずれの相談にしても受付開始から(厳密には会場準備から)場に立っていられるように、参加者はもちろん運営側の方たちとも関われるようにお願いします。

たとえ出番が一番最後だとしても、その時間までに参加者が私のセッション開始までに言葉を発する、話したい状態、話すのにいい感じになっている状態を準備したいというのと、場に居る人たちの状態を知っておきたいからです。

運営をしている方々は集まりの雰囲気を知っている方なので、場での判断が必要になった時には素直に聞くことにしてます。時には参加者にだって聞いちゃいますけどね。(笑)

 

*GAO流?

 

私のファシリテートする場は「ゆるく」て「なんかいい感じ」で、そして「もっと時間が欲しかった」という感想が多いのですが、勝手にそれを特徴にしています。早く帰りたいと思う場にはなってなくてよかったなと…。(^-^;

ファシリテーターが必要とされる場は、比較的、集まっている人たちの関係性がまだ出来上がってなかったり、集まり自体に一本の集約されたゴールがなかったりする時があって、そんな時に一度の短い時間で関係性や話し合いの質まで成熟までもっていって、中身もすごいものに…。は難しいので、集まりとしての成長を重視した工夫をするか、一期一会で刹那な関係性で中身に注力するかは、相談された方と話をした時に仮決めします。仮とするのは実際の場では話し合いの質が高い人たちで構成されている時もあるので。成長を重視すると、集まりの後もゆるくつながれる工夫を入れたり、話し合いの時間自体がワクワクと楽しかったり、有意義に感じてもらう工夫をします。関係性ができているなら、深い話し合いができる工夫、話し合いに集中できる工夫をします。

それから相談された時に初めて利用する場所で場所の想像がつかなかったりする場合がありますが、その場合は、何人組にするかなどセッションの流れで人の動きが必要な箇所を想定しておくだけで、それ以上はあまり想像しません。私はメンタル面がまだまだなので期待しておくと違った時にうまくいかない言い訳にしてしまいそうなので…。(^-^;

 

 

*相談者への提案について

提案はそんなに凝らずにメモ書きレベルでタイムスケジュール案を提出して、補足をメモ程度にして後は使える備品の確認をしてもらう程度で、細かくは場で変わってしまうと素直に伝えます。

提案に対して相談者側からの質問や意向には真摯に向き合って、よほどのこだわりがない限り(場の最後の総括は前日までにスライド作って話しますとかは、参加者が各自で考えたことがないがしろにされたり、違和感を覚える内容になっていることがあるので、あまり決めきってこられると気持ち的につらい。(^-^;)、相談してくれてきた方の想いを活かします。だって、集まりについて一番考えてる方なので、その直感は大切なんです。場合によっては順番を入れ換えたりしながら。

 

後は当日、何かあるかも用に自分のファシリテーターグッズはフルで持っていきます。(笑)

こんな感じかな。先日ファシリテーターとして参加させていただいたNPO法人MyStyleさんのセッションデザインをさせていただいたのを思い出しながら書いてみました。