読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわさの「Logbar」に行ってきました!

フェイスブックでそのお店の存在を知って、行きたい!って思っていたお店に行ってきました。

「入店と同時に1人1台iPadが手渡されます」という仕組みがすごくおもしろそうで、いわゆる「ぼっち」でもいいんです!という気持ちがメラメラと…w

 

ま、結果として、知り合いと打ち合わせも入ったので、完全に視察的な感じではなかったですが、むしろ今回はその「普通に使う」という面も持てたので、いろいろ楽しめました。しかも知り合いもコミュニケーションやファシリテーションに詳しかったので、いろいろ考察したりできておもしろかったです。というわけで、まだ専門のお店ではなくて、毎週月曜日にお店の中でやられているので、看板はこんな感じ。w

f:id:DiscoveryCoach:20130520195745j:plain

 

入店後は、手渡されたiPad mini で新規来店者はユーザ登録をして、お店にログインします。写真、プロフィール、そしてトークタグと称される自分の話せる分野についての登録ができて、他の来店者への自己紹介的なものにもなります。登録の情報も逐次、タイムラインに表示されるので、ぽつりぽつりとアップされていく感じはまさに自己紹介を聴いている感じでした。同時に何人も書いているので、そのあたりは新鮮ですね。そして、それに対して「いいね」したり、コメントしたり…。コミュニケーションのインターフェイスは今後も進化していきそうだなという部分もありながら、来店者全員でのオンライン場が出来上がっているというのは、予想以上にわくわくしました。

f:id:DiscoveryCoach:20130521003514j:plain

 

人の頼んだお酒がわかったり、注文時にアップされるタイムラインに「乾杯!」としたり、お酒もオリジナルカクテルを作れる画面があって、ちょっとした「キッチン」系のゲームのような楽しさもありました。(ちょっとシステム屋魂から仕様チェックとかデバックぽいこともしながらw)それから楽しんでみようと、他の人が頼んだ料理に「おいしー」という書き込みがあったので、それを頼んでみたら、私の注文で在庫切れになってしまって、それを知った他の人が「羨ましい」と書き込んでくれたので、「あちらの方から…」的に料理を一切れ実際に渡してもらったりしてにやにやしてしまいました。この行為自体はお店側の対応を複雑にするので、大型店舗では厳しいかもしれないと思いましたが、こういう楽しみ方ができるのは大きいポイントなので、導入を考えられるお店はその辺りまで楽しんで企画できるといいですね。そういう意味ではサービスとファシリテーションのポイントはいくつかありそうでした。

 というわけで、個人的な見解としては、客席全体が見渡せるお店か、比較的席の移動が自由なお店、たとえばHUBみたいなキャッシュオンデリバリーのお店とかと相性がよさそうかなと思いました。後は、結婚式二次会、三次会に利用するとか、そして以前手伝ったことがあるのですが、婚活イベントにはマッチしますね。ちょっと知り合いの居酒屋さんと、婚活イベントには話てみようと思いました。企画を盛り込むのは可能なシステムだとは思いましたが、なんでもできる仕組みではなくて、1つの裏イベントがその日に行われるという曜日で変えるなどがよさそうとも思いました。「人狼」はやってほしいけどw

 

来店時にオンライン上でユーザに配られた「チョコ(実物のリアルチョコに変換可能)」は、来店(ログイン)している人に送れるシステムだったので、自分が店を出る(ログアウト)前に、途中から来ていた私の知り合いの名前を書いて『「チョコ」をあげてください。』と書き込んだら、みなさんの反応の良さで24個も集まりまして、ソーシャルゲーム的な要素も十分にありました。

 

f:id:DiscoveryCoach:20130520220819j:plain

 

今回自分はシャイ(&実際には別件の打ち合わせもちゃんとしてたのでw)なので、リアルに話かけることはほぼしませんでしたが、そのお店の空間の中でのつながりがオンラインで示されると「ゆるいつながり」に「その場だけという安心感」がプラスされて、知らない隣の人(オンラインのユーザと座っている席までは一致しないから、オンラインとオフラインが一致されるにはちょっとしたお店側のコツが必要そうですが)との親近感は、オンラインのないバーよりは、全然コミュニケーションが生まれる可能性は多いと感じました。相席よりもやさしい相席みたいなw。でも、元から2名で来店している場合は、2人から別のお客さんと話すという広がりは難しい(もしくは望んでいない?)感じがしました。もちろんそれはそれでこのシステムは2人の仲を深めるアイテムとしても有効そうでしたけど。「も〜、何書き込んでんのよ〜♡」的な………はっ!どす黒い気持ちが…いかんいかんw 

 

後、これもちゃんと計算されてのことかもしれませんが、台に置かれたiPad miniの文字入力はもちろんキーボードでの入力や手に持ってのフリッカー入力と違って、ちょっとたどたどしくなってしまい、タイムラインがチャットの鬼のようにはならないのも、バーのゆったりした雰囲気をだしていてよかったと思いました。これが全員Macで「カチャカチャ、ターン!!」だと、なんとなくマンガ喫茶みたいになっちゃいそうw。

 

とにかく、Logbarは楽しいお店だと思いますので、みなさんもぜひ、試しに行ってみたください!

 

次回は5月27日にオープンのようです。

下記サイトで予約するといいですよ!

http://logbar.jp/