【告知】ファシリテーションの学び方:ファシリテーターズ・インタビュー

いよいよ明日(2017/3/15)の19時半より渋谷駅直結な渋谷マークシティ4階のcoin spaceで「ファシリテーションの学び方」というテーマで、様々なファシリテーターを集めて、相互インタビュー的、座談会的に語りあいます。 ファシリテーションは会社の会議や…

アジャイル・ディスカッション!!に参加してきました

昨夜はちょうとぽっかり予定が空いて、気になっていた(人にはおススメしてた)場に寄らせてもらいました。 agile-discussion.doorkeeper.jp 初のNagatacho GRIDのB1にあるSpace0に潜入になりました! (この天井が高い、広々した空間は好きでした!) イベ…

MPP「英語耳の松澤先生に聴いてみよう」を開催しました。

3月1日(水)夜に自分が事務局をしている英語が苦手な人たちが英語をしゃべれるようになりたいという思いで集まっているMajide Perapera Project(略してMPP)での英語学習勉強会を開催しました。 mpp.connpass. 今回のご講演いただいた松澤先生とは別の集ま…

Civic Tech Live!に参加してきました。

先日(2/24)、Civic Techのイベントに参加してきました。 ctl170224.peatix.com 「働き方」は本当に多様になってきて、自分の学生の頃の「いい大学入って、いい会社に入る」というレールのような画一の流れは、ほぼなくなってきました。もちろん、大きな企…

株式会社アトラクタ主催のスクラムトレーニングに参加してきました。

昨日(2017/2/22)、 株式会社アトラクタ主催のスクラムトレーニング(SCRUM BOOT CAMP)に参加してきました。私自身、初の「スクラム」に関する研修でした。 学びってこういうものだ…という感じのワークあり、講義あり、活発な自分事の質疑応答ありで充実した…

フリーランスになってコワーキングスペースの良さを再確認した話

今回のブログは2016年アドベントカレンダー「コワーキングスペース」の2日目となります。 www.adventar.org 2015年からフリーランスで働いていますが、世に言われるように自宅での仕事というのはしっかり環境(書斎とか?)を用意していないと、生活に流さ…

RecoChoku Tech Nightに参加してきました

先日XP祭りに参加して、久しぶりにブログにUPするまでが勉強会ですという言葉を聞いたのと、レコチョクさんのイベントで話を聞いて、これはぐわっと書きたいなという衝動があったので、書きますw。残念ながらイベントのレポートではなくて、自分が感じたこ…

「教育イノベーション」を推進するリーダーが集結!事例から見る教育の未来とは?に参加してきました。

先日、DODA主催のイベントに参加してきました。恥ずかしながら参加して初めて一橋大学イノベーション研究センター教授 米倉誠一郎先生(以下、米倉先生)を知ったのですが、講演の内容よりもまず米倉先生のファシリテーション能力というか、場づくりの仕方が…

エンジニアの学びについての話

牛尾さんがアメリカで出会った人と日本人の学びについての違いについてブログを書かれたのを読んで、いろいろ自分についても整理してみたくなり書きました。 simplearchitect.hatenablog.com アメリカの人は概念の説明の段階でも質問しまくるし、日本人の人…

【告知】対話の時間の場作りについて

「話し合う」事を大切にするということ自体は昔から言われていますが、その話し合いの仕方や会話の質などに注目され始めて、実際に多くの場所で話し合い方を工夫され始めたのは2000年以降な気がしています。 話し合う、対話をする、会話をする、おしゃべりを…

ファシリテーターを活用する時代になってきた

11月08日(日)にCode for Japan Summit 2015に行ってきました。 10日ほど前にに知人からFacebookで「Code for Japan Summit 2015の中の1つのセッションでファシリテーターを必要としているんだけど…」とメッセージがありました。もちろんファシリテーショ…

英語学習の場「BIZ TALK Cafe」に行ってきました。

今夜は知人から紹介された英語の学習の場「BIZ TALK Cafe」に参加しました。 そこの場のコミュニティメンバーが4人と、新規参加者が私を含めて2人。そして講師の先生が1人。 時間は19時から21時までの2時間で、最初に自己紹介でアイスブレイクな感じですが、…

CEDEC 2015でパネルディスカッションのファシリテーターをしてきました

2015年08月26日、「CEDEC 2015」のパネルディスカッション「最高のゲームを目指すチームを支える原動力とは?」にファシリテーターとして登壇してきました。このパネルディスカッションは、参加者の意思表示ができる形でセッションデザインしました。パネラ…

ファシリテーターもたまには語りたい(笑)

「ファシリテーションを頼みたいのですが、ファシリテーターはどこにいますか?」 私がファシリテーターをした場で参加者の一人から質問されました。 最初、「私がいますよ」と答えかけましたが、ファシリテーションを依頼した場に対して依頼者の状況や求め…

「話さなくてもよい」という場のファシリテーションがある

今夜は以前から誘われていて興味を持ち始めていた「円坐」なるものに参加してきた。「非構成」の場であると知っていて参加しましたが、いい体験ができたなと。 話すことと思考することは違うとか、今日はまさに私は自分の名前を「高柳」と名乗っただけでした…

自分のファシリテーションの中心に「ダイアログ」があることがわかった

先日参加した「円座」という非構成の場で言語化というか意識下に置くことができたファシリテーターとしての場への意識。 『ワークショップやセッションの場にその場に居る人同士がお互いに目を合わせる対話をデザインすること』 『ほそく緩いつながりが作ら…

とあるファシリテーターの場の感覚

先日自分の場での感覚について人と話していて、なんとなく文字にできそうだったのでしてみました。ちょっとポエミーですけど、感覚知ってことでご容赦くださいw 受け取れないものは渡さない。だから受け取れるカタチにしてみる。ただこの繰り返し。 いい意…

ファシリテーターの弟子

2015年07月25日(土)に仙台で行われたIT勉強会にファシリテーターとしてJoinしてきました。この仙台での「レッツゴーディベロッパー」という集まりには、今年で3回目の関わりを持たせてもらっています。 昨年までは自分自身がメインのファシリテーターとし…

研修ファシリテーターのセッションデザイン

「ふりかえり」をなぜするのか? 来月依頼された研修のスタートはそこから始めようとしている。 回答を教えない研修をやってから、考えることで土壌ができあがり、自分で汲んできた水を染み込ませることが大切なことと理解する。そこには思考の流れが潜在す…

ファシリテーターにとっての「中庸」

少し調子にのると、ちゃんと自分の驕りを正そうとする何かが起きる。 今回も、多くの方にご迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。。m(_ _)m 私にとって「中庸」はファシリテーションにも人生につながっている。 特に会社組織から切り離されて、身一つに…

パネルディスカッションのファシリテーターをする前に打ち合わせのファシリテーターをやった話

カンファレンスのコンテンツにファシリテーターを登壇側に選べば、もれなく当日までの打ち合わせに専属ファシリテーターがつきます...的に事前打ち合わせの場でファシリテーターをしている私がいました。( ̄▽ ̄;) 今度関わるゲーム関連のカンファレンス、CED…

関わる場の「過去」を大切にあつかうファシリテーターの視点

ありがたいことにファシリテーターの依頼を受けることは増えてきた。会社の中の大事な会議や、イベントのクロージングセッション、ワークショップ。どの場でも事前にお願いしてきた方の想いの確認と、可能なら、場(集まり)のいつもの状態にも参加させても…

とあるファシリテーターのとある打ち合わせ後の帰り道で考えたこと

あるがままは、手を加えても、整えても、あるがまま。 あるがままは、手を加えない、整えないのが、あるがまま。そう考えることで、自分のやれることをしない言い訳に使っている自分が居た。 もちろん、手を加えない、整えないのも、あるがまま。そのあるが…

英語学習勉強会MPPについて

私が裏方をしている勉強会のひとつにMPPというのがあります。「MPP」は端的にあらわすと、英語学習について学ぶコミュニティです。 MPPはMajide Perapera Projectの略で、私たちが求めているのは「英語の知識習得」ではなく、ぺらぺらと話せることが目的では…

ファシリテーターに活きている役者の経験

ファシリテーターに活きているなと思う私の身につけた事の中に、演劇の役者というものがあります。実は大学生の頃に演劇のサークルに入っていたことかあり、演技の勉強をしたことがあります。大根役者だったのでお芝居の道は進みませんでしたが、そこでの学…

3月26日に英語学習勉強会を実施しました。

昨日(3月26日)にMPPの3月の勉強会を実施しました。「英語学習勉強会「英語の達人に聞く Sallyのモテ英語講座 入門編」」 MPP(マジでペラペラプロジェクト)という英語が苦手な自分のために、牛尾さんと始めた集まりですが、英語が苦手な人たち、もしくは…

【番宣】3月22日にふりかえりのワークショップを担当します

本当に「明日から使える」という意味では正しい日曜日に開催のイベントが今週末3月22日(日)にあります。 Agile Samurai Basecamp 2015.03 はじめてのふりかえり 場所:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号渋谷マークシティ ウエスト13階 株式会社サイバーエー…

Design Sprint Night! に参加してきました。

3月5日の木曜夜にDesign Sprint Night! 〜 先駆者たちから聞くDesign Sprint の実際 - connpassに参加してきました。このイベントのまとめ記事はきっと他の方が書いてくださるだろうということで、散文的に自分にピンときたことや思考したことを書き残してお…

【○○のファシリテーション】Vol.01 ふりかえりのファシリテーション その3「関係性」

ふりかえりの時間内でファシリテーターの意識しておくと良いたことのひとつが参加者の関係性になります。 企業でふりかえりのファシリテーターを担当する場合、向き合うのはイベントなどの初対面通しではなくて過去と未来を持つチームといった集まりと考えま…

英語学習勉強会「英語のセッションを聴く」実践編をファシリテートしてみた

裏方をしている英語学習についてのMPP(マジペラペラプロジェクト)というコミュニティの勉強会イベントを開催しました。 英語学習の勉強会なのに、海外からいらした方に英語でITアウトソーシングというテーマで講演してもらうという内容の勉強会でした。告…

【○○のファシリテーション】Vol.01 ふりかえりのファシリテーション その2「発言」

チームのふりかえりは、基本的には発言で成り立っています。 発言が出にくい場であれば、付箋紙を使ったりしますが、そもそもその発言された内容が本当に伝えたかったことなのか、はたまた、伝えたかったことがチームメンバーに正しく伝わったのかというよう…

【○○のファシリテーター】Vol.01 ふりかえりのファシリテーター その1「事前」

ふりかえりの場をファシリテーターとして私がやる場合に私が何をして何がファシリテーターに起きているかということを考えてみました。 まずふりかえりで出たアウトプットを何に使いたいか、活かしたいか、活かさなくてもいいかを考えます。依頼をされた場合…

ファシリテーターの持つべき癖

ファシリテーターの学び方に必要なことのひとつとして、内に向いた場と外に向いた場の2つの違いを意識できることや、場において自分の感情を意識できることなどの「意識できる」を自分なりの感覚に落として明文化やイメージ付けおくことかなと。 特に自分の…

ファシリテーターを場に入れる

場においてはファシリテーター自身が何を感じているかが大事なことのひとつです。 何かをファシリテーションする場合、参加者が満足してそうかが気になったりします。そんな状態で自分のことを見るとかむずかしいと感じるかもしれないですね。 場のサービス…

ファシリテーターの学び方(体験重視型)

ファシリテーターの学び方について私なりの私見を走りがいてみました。 比較的体感優先なので、参加したイベントがよかったなぁと感じた時にはファシリテーター視点でイベントをふりかえります。もちろん参加者としての感覚も大事ですから、最初はイベントの…

オレオレファシリテーターに気付いた時の話

以前、ファシリテーターとして自分が大事にしているもの。という事で走り書きをしたのですが、その中で、自分がファシリテーターとしての学びを止めた時期にオレオレファシリテーと化していた時期があったと書きました。その後、自分で凹んだので、ちょっと…

ファシリテーターの学び始め方

ファシリテーターという言葉が一般的な新聞にも取り上げられるようになり、イベントなどにファシリテーターがいる場も増えてきた。知り合いにも実践者も多い。 では、ファシリテーターにはどうやったらなれるのか…。 この質問はなかなか簡単には答えられない…

今、ファシリテーターとして大事にしていること

ある方から「ファシリテーターをしていて大事にしていることは?」…というお題をもらったので、まとめてみました。 ファシリテーターを始めた頃に大事にしていたことは、「話している内容自体への非介入」と「対話の見える化」と「知らない人同士の最初の出…

コワーキングから学んだ事

この記事は、コワーキング Advent Calendar 2014の15日目の記事として書いています。昨日の育てるコワーキング札幌プロデューサー 能正 章寛さんからバトンを受け取りました。能正 章寛さんの「【育てるコラムvol.1】コワーキングってなんですか?」を拝見さ…

話し合いや会議の場でのファシリテーターについて

私はダイアログ・ファシリテーターと名乗ることが多いです。 簡単に説明すると、人が言葉を交わしながら何かをする場を進める役目となります。 ファシリテートする「話し合い」という場について必要なのは、集まる場所と人と話し合うテーマだけ。集まる場は…

社外勉強会がいろんなカタチになってきて面白くなってきた

今週は11月26日(水)は「Design dot Yahoo! JAPAN UXの構想と実現」という勉強会に参加しました。そして翌日の11月27日(木)は私が裏方をやっている英語学習のコミュニティ「MPP」主催で原田騎郎さんをメイントーカーにした英語学習勉強会「英語の達人に聞…

「4つの未来のつくり方」の話をしてもらった

とある勉強会でお会いした西尾 順さんがご自身で考えて実践されている「4つの未来のつくり方」の話が面白くて、1時間では消化不良でもあり、別の場を設けてプチワーク付きで知り合いも呼んで話をしてもらいました。 「4つの未来」の話初めは「問い」から始…

ファシリテーターは人の数だけカタチがある

ファシリテーターはワールド・カフェのファシリテーターというように、 ○○のファシリテーターはあるけど、ファシリテーターは○○でなければならない。という縛りが曖昧なのがいい…。 使うツール・スキル・知識、今まで培ってきた全てで場に居る。 だから、一…

社内研修に対話とファシリテーションを持ち込んでいる話

弊社の社内エンジニア向けの研修の中に対話を活用した研修があります。 暗黙知を形式知にする研修と技術の不安要素をなくす研修が自分がファシリテーターする研修の中でも現場に活かしやすい研修だと手応えを感じています。 暗黙知を形式知にする研修 何回か…

暗黙知×暗黙知の場もいいかもしれない

最近考えていることに対して重なってその考えていることを深めたり、意味付けされたり、いい感じに混ぜこまれたりしているんだけど、後少しなのか、もやもやしている…。ので走りがいてみる。 私が関わっているコミュニティのIORIもDevLove.Pubも、プロジェク…

ファシリテーションの学び方に思う事

ファシリテーションを学びたい。ファシリテーターをやりたい。最近、そういう話をしてくれる人に出会います。 今は本当に、いろんなところにファシリテーターが活躍されていて、いろんなタイプのファシリテーターがいらっしゃいます。 私は、タイプで言うと…

AgileJapan2014に参加してきました

6月27日(金)に、AgileJapan2014というイベントに事務局側で参加してきました。 AgileJapan2014の各コンテンツと感想なんかはTwitterとレポートがUPされると思うので、せっかくなので事務局側(ファシリテーター)の視点で書いてみたいと思います。今回はオ…

言葉の持つ方向を意識して伝えること

昨日の本*1のレビューを書きながら考えたことを書きます。 『今がだめだから、変えるんじゃなくて、過去を含めた今を知っているから、次が試せる。』 同じことを言ってますよね。と思われた方もいるかもしれませんね。実はその通りです。とある方が、日本語…

【ブックレビュー】『他人の思考の9割は変えられる』

ご本人にお会いしての購入でした。w 他人の思考の9割は変えられる (マイナビ新書)作者: 與良昌浩出版社/メーカー: マイナビ発売日: 2014/05/23メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る 本のタイトルから「他人の思考を変える」のか…。と受けとって…

プロジェクトにおけるファシリテーションについての個人的見解

アジャイルサムライを読み直しながら、プロジェクトに関わる人の集合体(プロジェクトメンバーだけでなく、お客さんやパートナーさんなど含む全て)をプロジェクトコミュニティと捉えることは大事だなぁと思った。そして活用するツールやプロセスの目的を「問…